インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛み止め
昨日抜いた歯のところが痛い。プチ手術だったのだから仕方がない。

痛み止めの薬がなければのたうちまわっているところ。1日3回までで、5時間空けるようにとのことなので、本日はあと1回夜中に飲める。これが心の支え

歯が痛いのを治しに行ったのに余計に痛くなってます。根本的な治療という「構造改革」を選択したのだから仕方がありませんが。

売上が足りないときに、抜本改革してさらに売上を落として中期的な復活に賭けたようなもの。

医療の正解ではいずれ良くなるという確信がありますが、ビジネスではリスキーですよね、そういう選択。

でも実は虫歯がじわじわ来てるけど、表面的に元気を装っていることもあります。不景気というウィルスが蔓延すると、急に症状が出るんですよね。

いつ「悪い歯を抜く」か、経営の決断の局面ですね。これ、何かを「入れる」前に、必ず「抜く」のが先にくるのが大事な点です。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。