インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼクシィ
午前中は和便器と洋便器の施工性の違いとかを議論し、昼からは結婚式のトレンドはどうなってるかとか考え、夕方には国勢調査のデータについて確認。とても話題のバリエーション豊富な1日。

結婚式に関していえば、雑誌「ゼクシィ」を初めてしっかり読む。似合うウェディングドレスはどんなのとか、あなたにぴったりな式場とか、式当日の段取りはどうとか、こりゃ情報満載だわ。

「ゼクシィ」創刊は93年ですので、小生の結婚後。したがってこんな情報は全くなく、よく分からないまま結婚というセレモニーを通過していったという感じがあります。

で、今は情報豊富でいろんな悩みが解消でき、挙式プランもいろいろ選べるという世の中の進歩があります。

でも自分は「ゼクシィ前」で良かったなあ。こんなに情報あったらカミさん迷って大変だったろうなあ。

ネットのサイトには「男のゼクシィnet」というのもあって、「よく分からないからこれでいいんじゃない」という論法は通用しないようです。

よく分かりすぎるとモノゴト決まらないということも大いにあります。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。