FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
沈丁花
予定していた打ち合わせが中止になって時間ができたので、自転車で散歩。

沈丁花の匂いは春を感じさせますね。匂いというのは記憶に直結してるのか、今まで経験した「春」を瞬間的にイメージさせます。入学や卒業といった転機の時期ですから、その匂いには少しだけ緊張感を覚えます。

自転車は坂と風を否が応でも意識させます。土地の形と気候に敏感になります。また、車では気づかない人の気配や花の匂いを感じることができます。でも体力はいります。住んでいる辺りは坂が多いので結構息が上がります。今日の日差しでウェアも春仕様にシフトアップです。

ジンチョウゲを沈丁花と書くのは先ほど知りました。こういうこともインターネットは教えてくれますね。まだ道端でどれが沈丁花かは見分けがついていませんが、この春には知っておきたいものです。

「沈丁の香をのせて風素直なる」 嶋田一歩

ちょっと風流してみました。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック