インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラジカセの資産価値
出勤の前後で2ヶ月ほど溜まった録画済みTV番組の整理。相変わらず溜まりに溜まってからのバッチ処理。

目にとまった話題の一つが中古品ビジネス。主に輸出用。家電品、タイヤ、ピアノなど。メイド・イン・ジャパンの価値が発揮されています。

面白いのは、30年くらい前の古いラジカセが大人気だと言うこと。

簡単に修理できて半永久的に使える。スピーカーなどもしっかりしていて音も良い。資産としての価値があるそう。

反面、最近のやつは二束三文。品質が悪いのと、想像ですがデジタル化が進んで修理がきかないからではないでしょうか。

新しい物が良い、という通念が心地よく壊されました。

簡単に修理できるというのは、考えてみれば立派な顧客価値。何でもかんでも半導体の中に組み込まれることが良いわけではありません。

古いラジカセをまだ持ってらっしゃる方、大事にされた方がよいですよ。

それは立派な資産ですから。
コメント
コメント
こんにちは
http://roo.to/bloog-ranking/で取り上げられていたので、見にきました。僕もブログやろうかなと思っているのですが、難しそうで、なかなかやれていません。今はランキングサイトとかをみて勉強中なんです(><)また見にきますね!ではでは(^^)ノシ
2006/02/05(日) 03:11:51 | URL | 鈴木 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。