インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
似すぎているハンバーグ
京都駅地下街「東洋亭」でお客さまと昼食。

オーダーは名物「東洋亭風アルミ包みハンバーグステーキ」。アルミホイルに包まれた熱々のハンバーグ。大好きです。

ところで、気に入ってる洋食屋の一つに「つばめグリル」という店があるのですが、そこに「つばめ風ハンブルグステーキ」というこれまた名物メニューがあります。

これら二つのメニュー、何から何までそっくりです。

まず皮がむかれた”まるのまま”のトマトにドレッシングかかったサラダが出てきます。

それを食べてる間にアルミに包まれたハンバーグが。ハンバーグのソースはビーフシチュー風で、牛肉がひとかけ入っています。

付け合わせは”まるのまま”で蒸されたジャガイモ

これらが私の記憶ではほぼ同一。値段は「つばめ」の方が高かったと思います。「東洋亭」は京都の会社で「つばめグリル」は東京中心。会社は違うようです。

由緒正しいハンバーグの流儀なのかなんなのか。

ま、おいしいから良いか。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。