インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
髭トリマー
以前記事で取り上げたアメリカ製の「トリマー」がうんともすんとも言わなくなりました。髭の手入れに使っていたものです。

アメリカ製だから仕方ないか、と思ってしまうところがアメリカブランドの失墜ですね。

で、本日松下電工社製の髭トリマー購入

6年前に髭のばし始めた頃はこういうの無かったはず。ホームページでは髭の刈り方なんてのも充実していて、この5年くらいで髭人口が伸びたことを示唆しています。

アタッチメントが付いていて、髭の長さを選択できます。これまで目分量で適当にやっていたのでこれは便利。

サイトで「若者は3ミリくらいの長さが良い」とありました。オジサンはどうなの?と突っ込み入れたくなるわけですが、本日3ミリにトライ。均一に長さが揃う快感。取りあえずこれで行こう。

機械的にはいわゆる「バリカン」。多分昔からあるものを「髭専用」というコンセプトに衣装替えしたものと想像。

日本製の品質に長持ちを期待しています。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。