インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都でパワーを頂く
仲人さんのお宅に年始ご挨拶。

妻の短大の恩師で、今は現役退かれて悠々とされておられますが、その知力および行動力たるや衰えるところ知らず。いつも生きる力を頂いてきます。

お宅の近くのレストランで食事を頂いた後、北野天満宮に。天気も良く、子供らも走り回ることができてリフレッシュ。学問と商売繁盛を祈って参りました。

合格祈願に混じって「良い上司と営業先に恵まれますように」との絵馬を見つけて心の中で大笑い。確かに神頼みしないと仕方のないことかも知れません。決してそればかりでないとも思いますが。

天満宮向かい側の「あわ餅」のお店でおやつ。そちらの女将さんが先生の教え子で、妻の先輩。観光客で大にぎわい。ごちそうさまでした。

その後、お宅にお邪魔。洋風のお屋敷で80年前の建物。お伺いするたびにその風情にほれぼれします。

昨年末、耐震対策のために、はすかいを入れるなどの大工事をされたとか。建築の味わいを残すため、宮大工さんが工事をされたそうです。20代、30代の若い宮大工さんがプライドを持って丁寧な仕事をされたとのことで、仕事のプライドが大事ですね、という教訓。

先生は京都府庁にお勤めの後、アカデミックの世界へ。人の縁で人生何があるか分かりませんね。

8人いらっしゃるお孫さんも、既にうちの子より大きい方ばかり。親が楽しそうに生きていると楽しそうな人間に育ちますねとのお話に、大きく頷く。

今年も大きなパワーを頂いて参りました。ありがとうございました。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。