インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落語と音楽の比較分析
一家で札幌へ大移動。

道中、"iPod"で落語なんぞ聞きながら。ポッドキャストの「にふ亭」です。

コンテンツとして、落語と音楽は以下の点で違います。

①聞き流せない
話に没頭してしまうので、何かをしながらのBGMという訳にはいきません。知らず知らずのうちに集中してしまいます。頭の中がストーリーで満たされるので、考え事もできません。

②ニヤつく
話が面白いんでニヤつきます。これ、傍から見ると結構気持ち悪いと思います。笑いをこらえるのも体に悪そうなので、少々ニヤけても許される環境が望まれます。

③体力がいる
本日3本聞きましたが、1本30分近いのもあります。で、1本聞くのに体力が必要です。


ということで、仕事をしながら聞くにははっきり言って不向きです。今日のように休日で難しいこと考える必要なく、ストーリーに没頭できる状況が最適です。

家族旅行のちょっとした合間に「落語」、おすすめです。
コメント
コメント
ご無沙汰しております!
今年は本当にお世話になりました。
師匠だなんて呼んでくれて(笑)、嬉しいやら照れくさいやら・・・。
でも師匠の名に恥じないように、これからもいい音楽を紹介していきますので、
来年もどうぞ宜しくお願いしますね☆
良いお年を!
2005/12/30(金) 21:25:40 | URL | Musicman #- [ 編集 ]
Musicman師匠、ご無沙汰で失礼しております。

最近懐古趣味激しく、デビッド・ボウイやニュー・オーダー(最近ブーム?)なんかをBGMにしております。

来年もご指導のほど何卒よろしくお願いいたします。
2005/12/31(土) 17:34:35 | URL | すぎた #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。