FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
洗濯機
新しい洗濯機が届き、結婚したときに買った15年選手を引退させました。

購入の判断基準は夜に回せるように音が静かなことと、評判が悪くないこと。評判については「価格.com」を参考。でも洗濯機はそれほど意見がありませんでした。デジカメなんかとは違ってマニアが少ないからでしょう。

また、洗濯機に限って言えば、「価格.com」の最安値表示はかなり怪しいですね。結局配達料や取り付け料が高くついたり、既に在庫がなかったりで。


で、店に行った時点では乾燥機なしのシンプルで安いやつに決めてましたが、いろいろ見ているうちに結局予算オーバーの乾燥機付きに。今までも独立した乾燥機を持っていましたが、ほとんど使ってませんでした。「乾燥機なし」が合理的判断のはずですが、人間合理性だけじゃものを買いませんね。

ちょっと乾かしたいときにあれば便利だとか、室内干しをしなくて良いとか、今までのことは棚に上げて幻想を見るわけです。きっとより豊かな生活ができるはずだと。

「賢い消費者」が「合理的に価値を吟味」して「最安値」で買うだけじゃないということが、自分をサンプルにして確認できました。売り手側に立つとこれは朗報です。

結果、未来の夢代追加分3万円。乾燥機、使うかなあ?
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック