インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファシリティ・マネジメント
午後から報告会で、午前中多少時間あったので堂島ジュンク堂で仕事関係本のチェック。どんなキーワードが多いのかとか、どういう新刊本が受けているのかとか。

ディスカッションを促進する「ファシリテーター」という概念に関心があるので、そのコーナーをしばし探索。思っていたより扱い少なかったです。

ファシリテーションの基本などの本に混じって、「ファシリティ・マネジャー」という本が目に留まりました。手に取ると、国家資格のよう。ほう、こういう分野でも国家資格ビジネスがあるのかと妙に感心。

で、中を見ると、ビルの設備がどうのこうの。ん? これ、「議論の促進」のファシリテーションじゃなくて、「設備」という意味の「ファシリティ」に関するもの。

これはこれで関心分野なので、違う意味で読ませていただきました。

店員さんに、これジャンルちゃうで、という甲斐性ありませんでしたが、言葉としてはまぎらわしいですよね。攻められません。

書籍のジャンルを正しく分類するのも知識がいる、と思った次第です。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。