インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脇役商品の訴求
住宅のある部材に関する生活者リサーチ。東京のクライアント社のショールームにて。

ショールームに展示してある部材を見ていただいて意見をうかがう。日曜日ということで、他のお客様も多くにぎわってました。

みなさん楽しそうでいいですね。住まいを考えるということは家族のコミュニケーションの大事なネタです。我が家はマンションですが家を建てるのは楽しいだろうなあ。少しあこがれです。

家を建てた人は友人を招待します。招待された人は、最新の設備や工法、間取りのトレンドなんかに興味を持ちます。ホストは当然ながらいろんな箇所に関心を示されるとうれしくなります。ほめられるとなおさらです。

ほめられてうれしいものはメーカーとしても開発しがいがあります。”高いけどいいもの”を提案できますから。奥様方の話題に上らないものは価格志向に走られてしまいます。

現在話題に上っていない脇役商品を準主役に持ち上げ、いかに高級ゾーンの訴求につなげるか、というのが本日のテーマでありました。

いくつかの企みが着想できて成果あり。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。