インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新規事業セミナー
東京で「新規事業の調査方法」のセミナー講演。

2時間の構成でいろいろとお話をさせて頂きました。

ポイントとしては、新規事業への投資を依頼する際、次の疑問に答えられるロジックをどう構成するかということ。

①何でそんな事業やる必要あるんや?

②お客さん買うてくれるんか?

③ほんまにできるんか?

④だれがやんねん?

⑤そんなんでうまいこといくんか?


それぞれの疑問に答えるための作業がリサーチ。確信があればいきなり事業をやるというのもアリです。

⑤は究極の質問ですが、ロジカルな答えは「やってみなければ分からない」

結局市場の反応を見ながら修正をする能力が問われます。「最後に成功」すれば良いわけで、成功するまでねばり強く、かつキャッシュの流出を最小限にする行動が必要です。

そういう”根性”のあるチームにするために、共通の情報の土俵をつくるのがリサーチです。

ということをお話しさせて頂きました。

お忙しい中ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。
コメント
コメント
事実を把握すること
 はじめまして!

 私は学校のカウンセラーです。
共感をもって、読ませていただいています。

 どの世界でも事実を把握することが一番のモチベーションですね。
2005/10/13(木) 07:30:06 | URL | ビンゴ #- [ 編集 ]
ビンゴさま、はじめまして。コメントありがとうございます。

事実を自分なりに認識・解釈して、チームのメンバーと議論してそれらを共有する、というのが何事も大事ですよね。

今後ともよろしくお願いいたします。
2005/10/13(木) 21:03:46 | URL | すぎた #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。