インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レクサスの訴求方法
かさはらさんが『世界の車 国産車 オール型録』なる雑誌を持ち込まれたので、しばし車談義

さかなか君はセダン派。かさはらさんと私はワゴン派。人により好みもいろいろです。

私は、セダンの3ボックスがどうも合理性を欠くような感じで好きではありません。2ボックスにすれば後ろのトランクを広々と使えるのに。したがって、もっぱらワゴンか5ドアです。

セダンでもBMWやフーガは乗ってみたいですね。楽しそうで。レジェンドは苦戦とか。フーガとの100万円ほどの価格差はつらいと思います。

レクサスも値付けが高すぎると思います。出だし好調のようですが、小生予想としては、少し無理のある価格で、伸び悩むのではないかと。

との意見に、さかなか君は「レクサス乗ってみたい」と。グレードが高い外国車はランニングコストが高いので、「見栄の張れる国産車」は魅力的だと。

なるほど。「ランニングの安い高級車」はありかも。「お手入れの楽な高級スーツ」てな感じですね。

そこを訴求すると良いんじゃないでしょうか。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。