FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
50%理論
神戸大の三品和広先生の講演を聴く予定だったのをキャンセルして家の雑ごと。

国勢調査もあってあまりゆっくりはできません。なかなか苦労する役回りですが、3日間訪問してみて、ひとつの理論を導きました。

一度に回ると、計ったように半分の世帯が在宅で半分が不在。半分理論に従うと、最初にまわって進行率50%。昨日で75%。今日で87.5%が理論値。

結果誤差1件

この理論、何かに使えませんか?

ここからが問題で、かなり不在がちな人も混じっているので1件1件の詰めになります。

仕事でも最後の詰めが思いの外時間がかかります。したがって、どうせ詰めは細かくしなきゃいけないので、おおざっぱに進行できるところをできるだけ素早くやるというのがセオリーですね。

さて、30日までに配ることができるかどうか・・・。
コメント
コメント
杉田さま、こんにちは。
初コメントさせてただきます。

50%理論。本気で何かに使いたいですね(笑)。
残り12.5%はより選りの不在者ですから、ここからは在宅率が下がっていくんでしょうね。
頑張ってください。

とても面白かったので、また拝見させていただきます。
ぽちっとしておきますね。
2005/10/01(土) 16:01:56 | URL | 女性店長が考える!売れるお店とは!? #- [ 編集 ]
女性店長さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

5割の確率でうまくいく、というのは悪くないですよね。同じ5割でも悪い方をイメージするとブルーになりますし、良い方を意識すると人生前向きになりますね。
2005/10/01(土) 19:15:04 | URL | すぎた #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック