インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民営化でサービスが改善されるか
夫婦共々、足に数多くの虫さされ跡。美山のおみやげです。自然と親しむ、とはこういうことですね。

本日自転車通勤で、昼休みに江坂まで。前もちょっと書きましたが、東急ハンズの駐輪場のおじさんは愛想なさすぎ

愛想がないというか、「歩いてくりゃいいものを、わざわざ自転車なんか乗りやがって、こっちの手をわずらわさせるんじゃねえや(なぜか江戸弁)」という感じを醸し出しております。こちらは客なんですが、自転車なんか乗ってきて申し訳ございません、駐めさせて頂きます・・・。

「決めごと」の番人として存在して、愚かな人間の不注意や悪意から生じる逸脱行為をとっちめるのが仕事。いわば生活委員ですね。

あなたの仕事は駐輪場を完璧に運営することかも知れないですが、その上位概念は「お客さんに快適に買い物して頂く」ということなんですよ。愛想良くしろとは言いませんが、少なくとも感謝の気持ちを出してください。

こういう人は仕事も適当で、本日も警備員ぽい服を着たおじちゃんと世間話に精が出ておりました。一体、経済循環として、どこから食い扶持が出ているのでしょうか。

近所のマクドやスーパーの駐車場係のおじさんしかり。しっかりした誘導と、「ありがとうございました」の一言をお願いしたいものです。

郵政民営化問題で衆議院が解散されましたが、こういうサービスは「民間」だからといって良いとは限りません。どのような企業ビジョンを持つかということ、そのビジョンを浸透させることのできるリーダーがいるか、ということだと思います。

とはいえ、民営化には賛成ですが。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。