FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
議論の価値
終日クライアント氏とミーティング。

次回取締役交えた会議に向けた企画案討議。小生作成のたたき台。これでは弱い、予算通らないと議論に突入。

アイデアを出し合うものの、それは本質的な課題ではない、それは領域を広げすぎ、技術的に解決できない、など出口が見えず。

もともと何がやりたかったんだろうという原点に戻り、キーワードを設定。目新しいものではなく、当然踏まえておくべきだったキーワード。それが目先の現象の対応を考えるあまり忘れていたことが問題。

そのキーワードを解決するためにはどういう情報をインプットすればよいか。どのような情報をインプットすれば、どのような知識の蓄積と行動の推進が向こう半年で期待できるか。

議論の軸ができると比較的スムースにアイデアが出て、アクションのイメージを共有。あとは明日、企画書の体裁を整えて完成。そこは職人的技術の見せ所。

アウトプットされたホワイトボードのコピーを見ると、もっと直線的にここまでたどり着いても良さそうなもの。でも議論の前提や思惑などで、なかなかそうは行かないのが現実。

かくして何とかまともな時間に帰宅できました。議論の価値ここにあり、でした。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック