FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
えだまめコロッケ
終日研修講師。ちょっと久々だったので疲れました。

その後スタッフで打ち上げ。馬鹿話ありで楽しめました。まつむらさん、ありがとうございました。

落ち着いた居酒屋で、西梅田が見渡せる高層階。リッツカールトンやドコモのビルがそびえ立ってました。丸ビルは電光掲示板を止めて普通の壁で覆ってます。

いろいろ工夫があって美味しい居酒屋でしたが、通常感覚とちょっとずれているところあり。

1.「どてやき」がゴージャス過ぎ
小振りな鍋を炎であぶった状態で登場。火が強くて煮詰まりそうなので火がついたまま店のお姉さんに渡すと、いさぎよく息を吹きかけ消化。男5人で気が付きませんでした。

2.コンニャクがレバーみたいな色
えんじ色のコンニャクがどうもレバーみたいで箸が進まず。グロテスクな色でした。

3.「えだまめ」を頼んだらコロッケ
枝豆を頼んだつもりがコロッケが出てきました。確かに「えだまめ」とオーダーしたのですが、「枝豆」というメニューはなくて「枝豆コロッケ」と認識したとのこと。厨房のオーダーの略称としてはいざ知らず、普通「えだまめ」と言えば枝豆。騙されました。

といった感じで、メニューで独自性を出しているのか、シェフの天然ボケなのか。意図しているとすればそれはそれで凄い。取りあえずわれわれの話題にはなりましたから。

意図と天然の狭間は微妙ですね。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック