インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『マジすか学園』とビン・ラディン
深夜たまたまテレビをつけると、AKB48の学園ドラマ『マジすか学園』の新シリーズがやっていた。

女子高生が教室で焼肉焼いたりとハチャメチャな話だが、天才秋元康の企画ゆえんかなぜか見てしまう。

ストーリー全編、アイドルタレントたちがボコボコの喧嘩三昧。

主人公の前田敦子は普段はおとなしい転校生だが、喧嘩になるとめっぽう強くなる。

この世界では、喧嘩に強いことが人を服従させるパワーの源である。

この組織原理はとても原始的だ。

人間の歴史は戦争の歴史と呼ばれるだけ合って、戦に強いものが社会を牛耳るというのが普通であった。

現代社会では建前としては否定されているが、心理の奥底にはこのような原理が根付いている。

昨日、オバマ大統領はビン・ラディン暗殺の声明を出した。

「正義」が勝利したと宣言した。

記者会見は英語なのでなんとなくしか分からなかったが、穏健派キャラのオバマ大統領が堂々と「暗殺に成功」したことを表明する姿にある種の畏怖を感じた。

国際法的にどうなのかは分からないが、ある国の暗殺部隊が他国で一個人を有無を言わさずに殺し、これが正義だと胸を張るのは論理的とは言えない。

論理を超えた暴力的手段を講じたことで、オバマ大統領へのまなざしは変わり、権力の厚みは格段に増したように思う。

しかも「いい人キャラ」との落差。

タイガーマスクの伊達直人もそうだが、おとなしい人ほどこの落差による「暴力効果」は大きい。

暴力を使いそうもない人が、決定的な場面で論理を超えて暴力を用いてヒーローの座を獲得する。

そう、これはまさにAKB48のドラマの構造である。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。