インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行動分析学
『行動分析学入門』(杉山尚子、集英社新書)を読む。

行動心理学なるものをかじるには何から始めたらよいかグーグル先生に聞いたら、まずこれを読めと出たので購入。

以下備忘録メモ。

行動分析学(behavior analysis)で扱わないいくつかの考え方があり、その中に「心的説明」と「概念的説明」がある。

前者は、「心が優しいから席を譲る」「消極的な性格だから発言しない」という心身二原論に立った、外から見えない要因に行動の原因を帰結すること。

後者は、「人間は闘争本能があるから戦争が起きる」「自己実現欲求があるから自立した行動が生まれる」などの、説明の要因に特殊な概念(闘争本能、自己実現欲求)を用いるもの。

行動分析学はそうではなく、「行動随伴性」という、何かの行動をしたときに状況がどのように変わるかどうか「のみ」に着目する。

この「○○のみ」で説明しきれるかどうかが理論の美しさであることは、小生も同意する。

「節約の原理」と解説されているが、できるだけ少数の概念で多くのことを説明できるようになること、それがよりよい論理である。

目が悪いから眼鏡をかけるのではない。

よく見えるようになる、それにより効率的に仕事ができる、そのような状況変化が期待できるから眼鏡をかけるという行動がなされる。

営業会議でやり玉にあげられないという状況をつくるために、予算達成に向けた行動がなされる。

「好子」「兼子」「強化」「弱化」という絞り込まれた少数の限られた概念で説明する。

好ましいものを強化し、好ましくないものを避ける。

当たり前のことだが、シンプルに考えると思考の偏りと漏れが確認できる。

「好子」は一般的な言葉ではない。

「好ましいもの」という意味で、行動の原因になるものとされている。

マーケティングで言えば「顧客価値」に当たる。

結局は「好子」がなんであるかを発見したり創造したりしないといけない。

伊達眼鏡、スポーツ眼鏡、ヤンキー眼鏡、それぞれ価値は違う。

これに深入りすると行動分析学から離れていく。

行動分析学のマーケティングへの応用は、人間の生物的な特徴を踏まえて、より良いモノやサービスを開発する視点だろう。

問い合わせに素早くフィードバックして関心を高めること、などなど。

まだ消化できていない。

第5章「言語活動」を良く読んでみよう。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。