インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MacBook Air
アップル社ではiPad2が話題である。

店頭で触ってみると少し軽くなったようだ。

しかしながら今はそれに興味はない。

関心はただ一点、本日ついにMacBookAirを買ってしまった。

いきなり電車の中とかでがしがし使っているわけだが、評判に違わずすばらしい。

ディスプレイの解像度と見やすさ、キーボードの打ちやすさ、立ち上がりの速さ、どれをとってもメインマシンにしているレッツノートを遙かに凌駕している。

特に懸念していたキーボードはすばらしく打ちやすい。

自称キーボードマニアとして、これまでのモバイルPCのレベルを超えている。

ワイド画面の解像度は、A4のドキュメントを2ページ並べて編集ができるレベル。

4:3ではこれがきつかったのだ。

さらにタッチパッドも直感的で、マウスがなくても仕事ができる、いや、マウス以上である。

電車の中でさっと出して使えるのはポメラ並み。

一度惚れると恋は盲目、アバタもエクボなのだ。

レッツノートは機能が良く、仕事道具としては非の打ち所がないのだが、残念ながらそれ以上ではない。

レッツノートにお世話になって3台目。

水をぶちまけたときもデータは無事だったし、感謝以外の言葉はない。

ところがiPhoneやiPadの操作性や画像の鮮やかさに慣れてくると、長く連れ添ったマシンのあらが見えてくる。

顧客経験とは恐ろしいものだ。

5年前にはなんの不満もなくいつでもどこでも使っていたマシンが、大型モニターやフルサイズのキーボードをつながないと使いたくなくなっている。

かくして、レッツノートはデスクトップ扱いのメインマシンとして位置づけ、連れ添うマシンはAirとなった。

目下の懸案事項は半年ほどお供していただいたVaioPの処遇。

デザインはいいし軽いしキータッチも良いのだが、いかんせんディスプレイが小さすぎる。

さらに言うと、小さすぎるので膝の上で使いにくい。

鳴り物入りで採用した手前、ベンチを温めるには惜しいがどうしたものか。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。