インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪都構想
大阪の橋下知事が提唱している”大阪都”構想をざっと勉強してみた。

大阪都構想とは、現在の府と市の行政単位を解体し、大阪市を中心に、小生も住んでいる吹田市や豊中市などを巻き込んだ20区ほどの特別区からなる「都」に再編するという構想。

名前の通り、東京23区をモデルとした仕組みであり、それぞれの区長・区議は選挙によって選ばれる。

賛同者もいるが、平松大阪市長から「妄想」呼ばわりされたり、岡田民主党幹事長から「地方主権に反する」と批判されている。

小生の理解した論点は下記3点。

(1)大阪府と大阪市の行政が重複していている非効率解消

(2)270万人の政令指定都市に”自治”を導入

(3)東京一極集中から脱する道州制への展開


■(1)大阪府と大阪市の行政が重複していている非効率解消

大阪府は大阪市と堺市の2つの政令指定都市を持つ。

政令指定都市はほぼ都道府県と同じ行政の権限が与えられていて、独立性が高い。

それぞれが独自に生活インフラや施設を企画し、建設する。

そうなると図書館や体育館も重複してできる。

仕事柄よく使う図書館も、近所に府立と市立がある。

それぞれ特徴はあるのだが、一つであればより便利。

ただし、オフィスに近いところにという条件で。

都道府県と政令指定都市の重複は、別に大阪に限ったことではない。

でも、北海道と札幌市のダブり感が問題になっているとは聞いたことがない。

札幌と札幌を除く北海道との環境の違いは歴然で、行政を分ける意味はありそうだ。

政令指定都市制度は、その他の都市から突出しているときに有効に機能する。

大阪が特に問題になるのは、周りの市との差が小さく、府と市のダブり感が強いからだろう。

そもそも大阪府の面積は都道府県の下から数えて2番目。

そんな小さいところで府と大阪市と堺市がそれぞれ勝手にやってどうするんだ、もっと全体眺めて効率的に資源配分しようということだ。

重複感を避ける事に関し、「都」構想への対案は、そもそも政令指定都市は勝手にやるのだから、府の守備範囲から完全に切り離そうというもの。

重複を無くすにはそりゃそうだが、それでは東京のような統一的なコンセプトを持った広域都市機能ができないというのが「都」陣営の再反論。

それに対する平松市長の反論は、広域は府の単位じゃなくて京都や兵庫も含むでしょ、先にもっと近隣府県と連携してください。

よって、単なるダブりの解消を超えた(3)の道州制の論点に展開する。


■(2)270万人の政令指定都市に”自治”を導入

政令指定都市には区があるが、区長は選挙によって選ばれるのではなく、役人の人事異動で2年ごとに変わる。

結果、大阪市270万人の市政において、選挙で選ばれるのは市長ただ一人。

「民意」を背負った一人のトップが270万人に目配せするのは不可能で、これでは自治とは言えないだろう、という論点。

諸研究によると、30万人くらいに一人の首長が良いようだ。

よって、30万人×20区くらいに分割して、それぞれの区長は選挙で選ぶべきだというのが「都」構想。

これに対する反論は、そんなことしたらそれぞれの区に必要な機能が重複して、行政が非効率になりますよ。

また、区議選挙もするので、議員がめちゃくちゃ増えますよ。

区の自治というが、結局府に権限を吸い上げる中央集権の思想でしょ、という反論も。

自治の理念とは何か、権限の集中と委譲はどのようなシステムが最適かという、大阪の問題というより理念の問題だ。

のんびりした大阪にはもっと身近に議員さんがいて街のあり方を議論した方がいいと思うので、これについては小生「都」構想を支持。


■(3)東京一極集中から脱する道州制への展開

「都」という言葉が象徴するように、橋下さんの根底にはこれがある。

東京の永田町と霞ヶ関が日本全国の基本構想をつくるのではなく、州ごとに金と企画の独自性を持たせようという大きな構想。

大阪を東京に匹敵する「都」にして、その流れで関西にもう一つの極をつくろうということだ。

根底では、平松市長ともこの点については方向が同じように感じる。

彼は、そこに行き着くプロセスとしての「大阪都」には反対という立場を取る。

関西に漂う傍流感、のんびり感、あきらめ感を思うと、小生のような外様の移住者にはこのくらいの大構想が良いと思う。


「都構想」は、制度だけ変えたって何も変わらないとか、知事が押しつける身勝手な構想とか、構想としてのお行儀はあまり評判よろしくない。

でも、保守的に何もしないことのリスクの方が高いと感じる一つの民意をここに記したい。
コメント
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/11/30(水) 00:19:18 | | # [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/01/11(水) 12:37:17 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。