インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベテランは復活しないのか?
期待の新人にマウンドを託す。

前評判も高く、ビッグマウスも功を奏して人気抜群。

未知数であるが故に期待も大きい。

新人の勢いを前にして、長年エースの座を守ってきたベテランはローテーションからはずされる。

満を持して登板した初戦、あっけなく打ち崩される。

まあ、最初だから大目に見よう。

コースが甘く入っただけで、いいところもあったじゃないか。

切れ味鋭い変化球で「一番」を空振り三振をとることもあったのだから。

ところが次の登板もその次の試合もことごとく滅多打ち。

ファンは愛想をつかして観客数も激減。

そんな新人でも監督は新人を使い続ける。

なぜって、二軍落ちしたベテランがまったく実戦から遠ざかり、復調しないから。

一軍でキツイ仕事するより、のんびり二軍も悪くない。

復活のチャンスを前にして、ブルペン暮らしが板に付いてしまった。


民主党に政権を預けたとき、ひょっとしたらうまくいかないかもね、とみんな思っていたはず。

一種の賭けであったわけだが、実力は既に見えてしまった。

問題は次のマウンドを託すはずのもう一つの二大政党。

ここまで相手がこけているのに、まったくプレゼンスがない。

エースの座をつかみ取ろうとする姿勢が見えない。

こんなとき、監督はどうするか。

え?外人ピッチャーの獲得?

それはいかんやろ。。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。