インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本代表
素人ながら、日本代表のサッカーは強くなったと思う。

見ていて面白いからだ。

1年前の試合とは明らかに違う。

スカパー!でバルセロナやプレミアリーグを見る機会が多いが、そんな目でも代表の試合は面白い。

今年のワールドカップで強さの兆しを感じ、新たな代表メンバーで希望が生まれている。

日本代表の成長曲線の傾きが変わったのはワールドカップだろうが、そこで突然変異が起こったとは思えない。

Jリーグの継続的な努力、指導メソッドの進化、サッカー協会のマネジメントなど多くの要素が重なり合って今があるのだろう。

つい4ヶ月前はこれらが全く評価されていなかったことを思うと、分からんもんやなあと思う。

成長のポテンシャルがじわっと蓄積していて、それが花開きつつあるのだ。

話変わって小学生の我が子。

中学受験はしないが、せっせと塾通いをしている。

自分の子供の頃の教育環境と比べても随分進化している。

個人指導の塾も人気のようで、脳を鍛えるメソッドもここかしこにある。

教育環境だけ見ると、親子でJリーグ前と後ほどの開きがある。

この状況を基に推論をすると、サッカー日本代表のようにいつか日本人は飛躍的に賢くなるのではないか。

と言いながら、大学授業の経験や知人の人事担当者の意見によるとそうでもなさそうだ。

これは日本全土的に悲観的だったワールドカップ前の状況と同じなのか。

これから本田が現れ、香川が現れるのか。

ビジネスの引退年齢はサッカー選手より30年は遅いので、私もまだ代表入りを狙って精進しようと思う。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。