インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VAIO P
新しいiPhoneがブルートゥース対応なので、折りたたみキーボードを持ち歩けばどこでも長文作成が可能になった。

はしもとさんから格好いい"Think Outside Keyboard"を借りて繋げてみる。

もちろん十分な機能だ。

問題は膝上で打てないことか。

贅沢を言えば、画面がやはり小さい。

勢いで買ったiPadは画面こそ大きいが、重すぎる。

テキストを打ち始めるまでのセッティング作業が思考の流れを途切れさせる恐れも。

そんなたいそうな思考の流れではないのだが。

外出先でのテキスト作成はこれまでポメラの役割だった。

2代目のやつは画面も大きくなり、質感も良くて満足度高かったのだが、いかんせんネットに繋がらないのはハンディだ。

ネットに繋がらないという、文章書きに集中できるメリットを実感していたものの、実務的にこれはつらい。

USB接続あるいはマイクロSDを介して取り込むより他ない。

テキストを2次元バーコードに変換できるというウルトラC機能はあるが、煩わしい。

そんなことで、iPhone4になれば外付けキーボードで問題解決と期待していた。

ところが、上記のようなことで十分な機能とは言い難い。

意思決定の選択肢は二つ。

(1)我慢してポメラやメインマシンのレッツノートを使う。

(2)新しいソリューションを探す

子供の頃、優等生的に我慢を享受してきた反動で(1)はない。

かくして、懲りもせずネットブックコーナーをうろうろする。

満足基準を超えたのがソニーの"VAIO P"。

楽しいデザイン、横に広いキーボード、SSDによる高速処理。

ネットのオーナーメイドなら6万円台で入手できる。

10月1日頃到着予定とのことだ。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。