インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
里見八犬伝
小学生の娘は国語が苦手なようだ。

物語を読んでも全体を情景を頭で描けないらしい。

テスト問題に出てくる話はそう面白いものではないので、きっと感情移入できないのだろう。

自分がそうだったから、何となく分かる。

右から左にいろんな文章を読んで、下線部を最も説明しているは次のうちどれか、なんて面白いはずがない。

面白くなくても文章の意味が分からないと人生に不利になるので、何とかしてあげたいのが親心。

毎月本が送られてくる仕組みに加入しているので、本はそこそこ読んでいる。

どんなの読んでるのと聞くと、知らない本だらけ。

パラパラめくると、微妙な心理の綾があったり、詩のようなものがあったり。

これはなかなか難しいぞ。

微妙な味わいが分からんと読みこなせなさそうだ。

繊細な感受性が必要だ。

どうも難易度高いんじゃないのと、もっと「ハマる」タイプの本を買ってあげる事に。

ハマることで、頭の中に広大なスクリーンが構築される。

分析的に文章にアプローチするのではなく、まずイメージとして登場人物や概念を存在させる。

難しい話はその後だ。

という文脈で児童書コーナーに行くわけだが、結局は自分が子供の頃にハマったものをチョイスすることになる。

ポップス全盛の時代に演歌を聞かせることにはならないか。

そんな懸念を持ちながら、ハリウッド的に情景が浮かびやすいものということで、「里見八犬伝」と「海底二万里」を与える。

取りあえずハマっているようだ。 

この処方箋が正しいかどうか。

少なくともストーリーが記憶に残ればいいと思う。

そういう思考のキャンバスをつくることが先決だ。

塾の先生に否定されるかも知れないけど。
コメント
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/09/16(木) 22:14:22 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。