インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機内コーヒー事件
飛行機の機内の飲み物がいつからか有料になっている。

コーヒー300円と、新幹線と変わりないのでどうってことはないのだが、前にタダだったものが有料になるとなんとなく頼むと「負け」のような気がする。

それでも飲みたくなったので、本日オーダーしてみる。

オーダーしてから小銭がないことに気がついた。

札入れを覗くと千円札もない。

こりゃダメだと思ってオーダーを断ると、優しく「大丈夫ですよ」とCAさん。

へえ、お釣り分のキャッシュをちゃんと持っているんだと安心する。

後ほどお釣りを持って参りますとのことで、1万円札を渡し、コーヒーを受け取る。

スターバックスブランドのコーヒーは新幹線より上等。

新幹線にはもっと頑張っていただきたい。

1万円渡したけど、お釣り忘れられたら嫌だなあとちょっと性悪説に立って少し心配する。

そこは信頼と安心のCAさん、すぐにお釣りを持ってやってくる。

ちょっと細かいですがいいですか、と。

はい、もちろんです。

ここで嫌だという人はいないでしょう。

ところがびっくり。

渡されたのが、千円札4枚、500円玉4枚、100円玉なんと37枚。

絵本に出てくる盗賊のように両手でいただく。

財布に入らないですよね、と小さなビニール袋2つ差し出される。

ありがとうございますとお礼を言って、ばらまかないように慎重に袋に小銭を入れる。

この場合、お釣りがありませんと1万円札は断るべきだと思います。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。