FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
幸之助翁と百福翁
経営の偉人から、現代に生きるわれわれが何を学ぶか。

先日、関西同友会の第1回NCB経営塾で、大阪が誇る経営の偉人、松下幸之助翁と安藤百福翁の創業の経緯をお聞きする機会を得た。

今となっては偉人でも、創業当時は僅かな成功の可能性に賭けた相当の変わり者である。

僕らは彼等が結果的に成功したからこそ、彼等から何かを学びたいと思っているのだが、学びの焦点はむしろ成功する前の時点に当てたい。

成功する寸前の状況を知り、そこから成功に至る要因を抽出し、それを現代のわれわれに応用することで、成功の確率を高めようという魂胆である。

成功と不成功の境目はなんだろうかという探索思考になる。

果たして、そんなものが少数の事例から帰納的に抽出できるのか?

普通に考えれば絶望的だ。

実証主義的なアプローチであれば、相当数の成功者の行動と不成功者の行動を比較し、有意な差を見つけることが必要になる。

ところが、今回の成功者のn数は2であり、そこから何かを学ぼうとすると別のアプローチを取らざるを得ない。

幸運なのは、不成功者(未成功者)のn数はすでに確保されていることだ。

不成功者(未成功者)一般の行動パターンは漠然と知識として格納されていることを前提として、そのパターンから逸脱した行動・思考を成功の要因とみなすことにしよう。

このアプローチは、大いに自分の主観に頼ることになる。

自分の既存の主観から逸脱したものが発見できれば、その発見概念に少しでも近づこうとする意識が働き、多少の自己変革につながるだろう。

さて、そんな前提の上で、松下幸之助翁と安藤百福翁である。

以下は成功者一般の普遍的知識を構築するわけではなく、ある特定の事例に感化された、極めて個人的な気づきメモである。(二人に共通するものもそうでないものもある)


1.会社勤めではなく、「事業を興す」という選択肢が自然にある。

幸之助は、病弱で会社を休みがちだった。体が弱いから、比較的自由に働ける事業をやる、という逆転の発想だ。

自己実現としての起業なんて力みは全くない。

自由な働き方としての事業、社会全体を上司とする、顧客を上司とする働き方の選択肢である。


2.10代の早いうちに「商売」を体験している。

当たり前だがMBAなんぞ出ていない。

中学生くらいの時期に奉公に出て、商売の精神を身につけている。

その位の時期に一度目の社会経験をし、二十歳くらいで自らの指針を持つ。

現代なら、大学を出て一度目の社会経験をし、30代・40代で次の指針を探す。

家庭があるからとの口実で冒険を封印する。

アルバイトとは違う、経営に寄り添う経験をなんとか10代にさせたいものだ。


3.技術は後からついてくる

幸之助はソケットのアイデアはあったが技術はまるでなかった。

百福は池田の家にこもってチキンラーメンを研究した。

それがあれば売れる確信はあったが、それを作る技術は全くなかった。

マーケット・イズ・キングである。

社会に生き、社会に貢献できるという信念が、技術の担い手を結果として呼び込むのである。


4.最初から明解な構想などある訳がない

端から見ると、起業は無謀な船出である。

最初から戦略などある訳がない。

事業規模が大きくなるに連れ、社会的責任を感じ、組織の器に見合ったものの見方ができてくる。


5.市場の環境により行動のタイプが異なる

幸之助は、エレクトロニクスというとてつもない成長産業にあって、どんどん製品を改良し、製品ラインを拡大していった。

新たな機能を開発することが、成長のエンジンだった。

百福は、食という、嗜好が保守的でいつの時代にあっても競合が激しい業界で、儲かる仕組み=ビジネスモデルを意識して経営をした。

理論肌の幸之助と、根っからの企業家の百福の違いもあるかもしれない。


さらに、お二人の共通点には、90年を超える人生を歩まれたこともある。

事業を拡げて後輩の活躍の場をつくり、長く元気に仕事を続けたいものだ。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック