インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Apple Wireless Keyboard
気にいった筆記用具をいつも持ち歩いている。

特に珍しい話ではない。

なぜそうするのか?

その道具で書くのが気持ちいいからだ。

小生の場合はペリカンの万年筆である。

ところが、仕事でものを書く機会はパソコンが圧倒的に多い。

そのインタフェイスはキーボード。

残念ながらキーボードはパソコンにくっ付いているものなので、自由に選べない。

それでも、富士通製のキーボードを外付けして、必死の抵抗を試みている。

こいつはキータッチが抜群に良い。

会社と自宅に同じものを置き、それ以外のタッチは受け付けない体になっている。

このキーボードに唯一かつ甚大な欠点がある。

デザインが悪い。

機能が良いからという言い訳を絶えず心の中で呟かざるを得ない。

そんなときに、iPad用としてアップル純正のワイヤレスキーボードを買った。

ちなみに、iPadのソフトウェアキーボードはでかいだけiPhoneよりましだが、ブラインドタッチは無理だ。

ちょっとでも違うキーに触れると反応するのでストレスが溜まる。

そこでワイヤレスキーボードだが、キータッチもよく、テンキーがないのでコンパクト。

これは使える。

なによりもデザインが良い。

これなら持ち歩いて、いつでもどこでも使いたい。

ようやく携帯する筆記用具の域に達したか。

レッツノートにbluetooth刺して使ってみる。

快適だが、突然キーが押しっぱなしになる現象が起こる。

ドライバーの不具合のようで、これは解決しないといけない。

さあ、これでまたアップルの侵略が一歩進むのか、結局機能優先で昔の鞘に収まるのか。

果てしないガジェット探索の人生は続く。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。