インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペットとしてのiPad
とんぼ返りの出張から帰ってくると、お待ちかねの小包が届いていた。

2010年5月28日、米国以外で一斉にiPadが発売され、荷物もそれに合わせて届けられたのだ。

メールをささっと打って、トイレに行って用をたし、コーヒーを入れて準備万端。

オフィスの仲間二人が見守る中、代表して封を開ける。

一つの商品を手にするのに、これだけワクワクするのはいつ以来だろう。

ま、多分に報道に踊らされているだけなんですがね。

1日ほど使ってみた感想。

キーボードがないと、画面が近い。

字もでかいし写真もでかい。

画面との距離感が新鮮だ。

本や新聞や雑誌に充分なる。

試しに買った1600円の元素図鑑は噂に違わず素晴らしい。

こりゃあ紙の本は大ピンチだ。

でかい画面を手で触りながらの操作は、まるで素手でカレーを食べる感じ。

iPhoneと同じなんだけど、画面が大きくなると全く違う経験になる。

手描きメモもいける。

これも指でやるので、原始的な感覚だ。

仕事で使うのはまだちょっと勇気がいるけど。

とにかく両手でベタベタ触りまくる。

さらに足の上に乗っけるので、スキンシップが濃い。

ペット感覚だ。

ただし指紋は強烈につく。

まめに体を拭いてあげなきゃ。

さて、次はこの子にどんな服を着せてあげようか。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。