インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイレージ、マイライフ
ジョージ・クルーニー主演の『マイレージ、マイライフ』を見る。

鼻の手術の後で匂いも味もせず、運動も控えるように言われているので、映画くらいしかやることが思い浮かばなかったのだ。

日本語になりにくい原題をそのままカタカナにしたのだろうと思ったらさにあらず。

映画冒頭に映るタイトルは"Up In The Air"である。

これまた日本人には分かりにくいタイトルだが、それを日本語に訳すのではなく、英語(カタカナ)に置き換えるところがニクい。

日本人の分かる英語ボキャブラリーの範囲に転換したということだ。

明治の時代、欧米の外来語を大和言葉ではなく、漢語に訳したのが日本人の知恵であるようなことを内田樹氏は書いておられた。

「哲学」とか「情報」とか。

現代人は先人の漢語のレベルまで英語を取り込んだのか?

さて、以降ネタバレしない程度の感想。

最近"Avator"とか"This Is It"のような非日常映画を見たこともあり、この映画の日常性に目がとまる。

ビジネス界のできごとは、アメリカ人も日本人もやってることはほとんど同じだ。

等身大のビジネスマン(もちろんジョージ・クルーニーの格好良さは別として)が良く描かれていて、オジサン年齢には容易に感情移入できる。

ビジネスのスタイルはどんどんグローバルで平準化してくのだろう。

そこにはキャッチアップ型の「憧れ」や「眩しさ」はなくなり、平坦な日常が蔓延していく。

わくわくするような次世代のビジネススタイルを果たして僕らは作りうるのだろうか?

もう一つ。

主人公の職業は「解雇言い渡し人」で、失業やら家族の不在やら、ほろ苦い話がたくさん出てくる。

解雇を言い渡された人の心情、態度、発言は、日本人もアメリカ人も変わらない。

それは十分に深刻な話なのだが、不思議と根底にアッケラカンとした明るさがある。

頑張りゃなんとかなるさ、といった明るさだ。

それゆえ、見終わった後にじわじわと元気が沸いてくる。

このなんとかなるさ感は、社会に絶対的に必要だ。

国の保証に頼ったりするのではなく、自分の頑張りで道が拓けるはずという心理的セーフティーネットだ。

ここのところが、ちょっとばかり日本の雰囲気と違う。

これは子供手当とか公共事業による有効需要創造とかの話ではない。

この「明るさ」の基は何なんだろうということをアッケラカンと考えていきたい。
コメント
コメント
相互リンクのお願い
はじめまして。
サイト運営をしている者なのですが、相互リンクしていただきたくて、コメントいたしました。
下記のURLから、相互リンクしてもらえると嬉しいです。
http://hikaku.link-z.net/link/register.html
ご迷惑だったらすみません。突然、失礼しました。
IZSKc4CZ
2010/03/29(月) 17:38:27 | URL | 相互リンクのお願い #BdFh1f3s [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。