インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学生さんへのメッセージ
学生さん向けに、仕事をするとはどんなことなのかを語って欲しいと依頼される。

思いつくままにしゃべった内容を、ミネさんが見事にまとめあげられた。

その文章を転載する了解を得たので、何日かに分けてブログに掲載する。

自分で書くべきブログをミネさんの文章でまかない、さらに小分けにして記事数を増やすという、明らかな手抜きであるがご容赦いただきたい。

文章はすでに下記サイトに掲載されている。
→奈良学園キャリア開発センター

その中のどこかに私の記事があるが、宝探しゲームのように到達するのは難しいので、ゲーム好きな方はチャレンジいただきたい。

***************
学生さんへのメッセージ その1
***************

□学生時代のエピソードについてお聞かせ下さい。

~仕事とほとんど同じ 映画制作という部活動~

大学生の時に映画制作の部活動をしていた経験が、今の仕事に、非常に役立っていると思います。

部費を集めないと映画が作れませんので、チラシを配ったり、ポスターを張ったり、徹底的な新入部員勧誘大作戦を展開しました。

それが功を奏して、部員が集まり、組織を大きくすることができました。

「これで念願の映画制作ができる・・・」。

しかし、こうして誕生した組織とお金で、いざ映画を作るとなると、今度は、「誰の企画で何を撮るか」「どうやって企画を募るか」「企画を決めた後、どうやって撮るメンバを決めるか」、映画の制作は、文化祭に間に合わせなければなりませんし、上級生だけで決めるのではなく、下級生の言い分に配慮する必要があります。

振り返ると、これらは、ほとんど今の仕事と本質的には同じことをしていました。

つまり、組織の中で一つの目標に向かって一人ひとりが、自分の役割を果たしていく活動、これは、非常に有意義な経験でした。

(つづく)
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。