FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
数字は白状する
終日、とある案件のメンバーと一緒にディスカッションしながら報告書づくり。

クライアント社の事業の方向性と対策案を組み立てる。10年前にこの仕事に就いたとき、まさにこのような仕事がしたい、と思った典型です。いい仕事しなくちゃね。

今回は時間の制約もあって、現場の方々のヒアリングと数値データがインプット情報。ヒアリングから得られた仮説を数値データで検証し、仮説に厚みを付けていきます。ヒアリングで得た言葉はどんなプロジェクトでも重要な情報ですが、数字は厳然とした事実の迫力があります。いくら言葉を重ねるより、単純な数字が多くのことを語ることがあります。数字は雄弁です。

今日もヒストグラムや散布図や折れ線グラフといろいろと、ああでもないこうでもないと操作しながら知恵を積み上げていく作業。地味ながらも、わがビジネスの重要なプロセスです。

「数字は徹底的に拷問せよ。そうすれば必ず事実を白状する」

友人のコンサルタントが以前語っていたことです。まさにその通り。僕らの仮説を裏付けるのか、否定するのか。ねばり強く、数字と格闘することが新たな知恵の重要な源泉です。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック