インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メンタル・ドーピング
Newsweekで「頭の良くなる薬」というのがまじめに開発されているという記事を見た。

世の中、必然的にこうなるよね。

社員教育やモチベーションアップのために様々な教育ビジネスがあって、小生もその渦中にいますが、これはポーターの5Fでいうところの「代替品」ですね。

課長、最近仕事に疑問を感じていてやる気が出ないんです。

じゃあ、この薬朝・昼・晩、1週間飲んどけ、とか。

なんでマネジャー候補の連中は戦略思考ができないんだ。

ここは薬でも飲ませるか、などなど。


精神的な病に陥ったときに処方される薬があるのなら、よりメンタルをパワーアップするための薬も論理的な可能ですよね、きっと。

昨今テレビを賑わせているいけない薬も、ここ一発で気合いを入れなきゃいけないタレントが手を出す心理は分からなくもありません。

犯罪にならない範囲で、ビジネス界でも薬という手段がクローズアップされる時がくると思います。

こうなるとメンタル・ドーピングなどの言葉ができて、社会的・法的規制が論じられていくでしょう。

そして、あの24時間働いていたベンチャー企業の社長は実はドーピングをしていた。

だから追徴課税、てなことになるのでしょうか。

MBAに行くか、薬を飲むか。

まじめに論じなければいけない日がいずれくると思います。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。