インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
困ったときに頼りになる人
今の会社は仕事が面白くないし、給料も安いから、より条件の良い会社に転職しよう。

市場経済にあっては、合理的な行動である。

意欲があり、向上心の高い若者の姿である。

若いとき(30代前半くらいまで?)は、企業も将来の期待値を織り込んで採用するので、比較的転職は容易だ。

ところが、人間だれでも年をとる。

自分の能力の限界が見える。

景気も悪くなれば、そうそう条件の良い会社も見つからない。

そういう状況になると、いよいよ今の会社に骨を埋めるか、となる。

しかしながら、「良い条件」を求めてきたメンタリティが問題になる。

「良い条件」は誰かがもたらしてくれるもので、苦労しながらつくりあげるものという感覚にならないからだ。

会社の上澄みだけをさらっていこうという心性である。

それでは経営者の相棒にはなれない。

困ったときに頼りになる人材こそが欲しいのだ。

仕事が減り、窮地に陥ったときに給料以上の働きをする人が欲しいのだ。

「割り切り」の安楽椅子に座るのではなく、経営者と一緒にオールを持って激流下りをする人が欲しいのだ。

そういうことを、会社の先輩は後輩に伝えてあげてほしい。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。