インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本的政治とは
コンビニエンスストアは、米国のシステムを基にしながら、日本で大いに発展した。

セブンイレブンの鈴木さんの功績は大きいが、コンビニの店舗サイズが日本の土地事情にマッチし、結果として高い人口密度に適したシステムに進化したのではないかと推測する。

同じチェーンオペレーションでも、ウォルマートに代表されるGMSの規模では、狭い国土での立地条件が厳しく、理論的な店舗配置ができなかったのだろう。

日本という国土のサイズと人口密度から、米国とは異なる事業システムが発展したのだ。

ビジネス界において、日本で育まれた仕組みでグローバルに競争力を持つものが多くあることは、論をまたないであろう。

翻って政治をみると、残念ながら大混乱である。

小泉改革を掲げて歴史的大勝となった前回衆議院議員選挙から、首相は3人変わり、いずれも評判は最悪で、次の選挙を勝つことだけを考えているように見える。

対する民主党も相手のオウンゴールを待つばかりで、政権を任せられるほどの期待は持ち得ない。

日頃ビジネスでお会いする優秀な方々との現実感と、報道される政治のダメダメさのギャップが著しい。

ビジネス界では優秀な経営者は多くいるはずだ。

でも、彼らが政治をマネジメントできるかどうかは未知数で、直感的にはあんまりうまくいかない。

根拠のない推論だが、日本のような緊密でコンテクスト過剰な人間関係の社会では、国家単位のサイズのマネジメントは構造的に難しいのではないか?

せいぜい何万人という単位の組織が、日本におけるマネジメント可能な上限閾とすれば、官民癒着と揶揄される経済振興方法や、企業主導のスポーツ振興とかも、その限界を克服するための積極的な機能というべきものかもしれない。

オバマさん風のビジョナリーだが隙もありそうなスタイルとは違った日本風の政治を考えたほうがよさそうだ。

マッチョな小泉政権を理想とするのでなく、もっと緩やかで多極的な政治ということではないだろうか。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。