FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
プロジェクトX
NHKのプロジェクトXを久しぶりに見ました。

何年か前に放送が始まった頃は、ビジネスの歴史を知る良い教材と思っていましたが、いつの間にかお涙頂戴的な演出が鼻につくようになりました。大阪の工業高校が事実と違うと抗議した事件がありましたが、過剰演出の顛末ですね。

良いネタがありながらも、中島みゆきの歌やハリウッド調のバックミュージックがどうも鼻につきます。職場恋愛が出てきたり、昔を思い出して涙する、という演出はちょっとネ・・・。

これまで見たネタでは、霞ヶ関ビルの建設、瀬戸大橋の建設、ソニーの世界進出、サンヨーの洗濯機開発などが気に入っております。中でも記憶に残っているのが、地元北海道の夕張メロン開発の話。北の痩せた土地にメロンを植え、徹底した品質管理で東京の市場に乗り込む、という話だったと思います。

人間ドラマが主題というのは理解できますが、無理に40分のストーリーに押し込めると、どうも嘘臭さが出てしまいます。どんな仕事も困難と偶然がつきもので、とりあげるエピソードが陳腐であれば、演出が大げさであればあるほどさめてしまいます。そりゃ失敗することはあるやろ、と突っ込みたくなります。

巷では番組存続の危機も言われていますが、個人的には、田口トモロヲさんのナレーションの世界から解放して、"Discovery Channel"くらいに乾いたタッチで編集して続けて欲しいものです。そうすれば、貴重なビジネス史のテキストになると思うのですが。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック