インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新梅田食堂街
よしかわさんのオフィスを訪ねる。

受付などのサービスが付いている、外資が経営する貸しオフィスである。

大阪駅北ヤードの開発を見下ろせる、すばらしい眺めだ。

電車も行ったり来たりで、鉄っちゃんにもたまらないだろう。

エグゼクティブというカタカナがふさわしいロケーションだ。

エレベーターで1階に下りると繁華街のど真ん中。

アクセスの利便性は抜群である。

新梅田食堂街という昭和のテーマパークのようなところで食事をする。

昭和は日本人の原点なのか、それとも中途半端に作られた過渡的な文化なのか。

立ち飲み屋の「北京」にギネスの泡立て機があった。

超音波で細かい泡を立てる装置である。

古さとモダンと科学が混在したコスモポリタンなバーである。

いつもながら、大変流行っておられた。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。