インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仏壇
仏壇について研究する。

研究領域は供養などのメモリアル関連に広がる。

身近な人を供養するという心は、現代人にもあるようだ。

利便性が良い墓地はすぐに売れる。

墓地は開発立地に制限があり、便の良いところは需要が旺盛だ。

住む場所が移り変わる都市型現代人は、先祖のお墓をどう管理するかという問題を抱えている。

一家が代々同じお墓に入るという風習は昭和に入ってからのものらしい。

だから墓を守らなくては、という呪縛を感じる必要はない、という専門家もいる。

形を変えながら、代々伝わる心性を僕らは確実に受け継いでいる。

仏壇の機能には、身近な人の供養と共に、お釈迦様に祈る、という宗教的側面もある。

これは小生なんかには実感がないが、家の中に癒しグッズを置く、といった感覚に近いものかも知れない。

仏像を見ると癒される方は少なからずいる。

雑誌や写真集でも仏像は堅実なスターである。

ネットを彷徨っていると、仏像ガールと称する女性のブログに到達した。

仏像を心から愛していることがよく分かる。

紹介されていた本を2冊注文した。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。