インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アムステル・ゴールド
アムステル・ゴールドで、アラシロ選手が初出場にも関わらず逃げを決めた。

と書いてもほとんどの方はなんのこっちゃわからないと思う。

アムステル・ゴールドとは、オランダで行われた自転車ロードレース。

新城(アラシロ)選手は、彼はヨーロッパのロードレースのチームに所属する数少ない日本人選手。

当レースでは日本人で唯一の出場選手で、かつ初出場である。

自転車レースは風邪を除けるために集団で走行するのが基本だが、集団を飛び出して「逃げ」を決める選手がいる。

大抵は途中で力尽きるのだが、信じられないほど高速で走っている集団から抜け出すこと自体、実力の証明になる。

彼は200kmほどの距離を逃げ続けた6名の1人であり、TV画面(スカパー!)に何度も大写しになった。

正直、しびれた。

残念ながら、これがどれだけの快挙なのか、表現するだけの文章力がない。

マラソンなら、前半飛び出して後半失速するのはあまり褒められない。

ところが、自転車ロードレースなら、それは男の中の男として賞賛される。

集団走行の中で守られて、最後の最後で飛び出して優勝する選手よりも、ある意味格好良いことなのだ。

これからのグランツールシーズンに向け、新城選手にはますます注目である。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。