インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IFRS
IFRSのミーティングに呼んでいただいた。

ビジネスパーソンの諸兄、諸姉、なんのことかおわかりだろうか。

数年後に日本でも導入されようかという国際会計基準である。

アイファースと読む。

投資家が世界中の企業を一律の基準で評価できるようにしようという話だ。

売上基準が変わったり、償却基準が変わったりと、決算担当者および実務現場はかなり大変そうだ。

損益計算書、貸借対照表という言葉もなくなるらしい。

投資家のために現場が大混乱するという、あまりうれしくない話だが、どうもそれだけではないようだ。

大きな流れとして、PLではなくBSをより重視する考え方がある。

これからの事業展開のためにどのような資産(=資源)形成をしていて、その資源をどう経営者が評価しているかが明らかになる仕組みのようだ。

短期的なキャッシュフローだけでなく、長期的な資源形成を重視するようになるのであれば、歓迎すべき方向だとは思う。

だだし、どのような区分、基準で決算数値を公開するかで、経営姿勢が分かるようになる。

上場企業の経営者は、ますますボンヤリしていられなくなる。

これを機に上場廃止を選択する企業も出るかも知れない。

会計の専門家でなくとも、注目すべきテーマである。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。