インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベテラン
ベテランの営業部長が、予算割れの大ピンチに起死回生の大きな商談を取ってきて、一安心となる。

部長さまさまと、賞賛の声があちこちから聞かれる。

定年間際になっても技術の勉強を怠らず、豊富な人脈を基にした仕事ぶりはみんなの模範である。

もちろん、社内外からの人気は高く、彼がいるから取引していると公言するお客さんもいる。

問題は後継者が育っていないことだ。

スーパーエースがいつも危機を救ってくれるので、経営陣が構造的な問題を解決しようとしない。

気がつけば、あちこちの部門で高齢化が進み、後何年かで人材不足に陥るのが明らかだ。

目の前のホームランが、戦略的な意思決定を先送りにしている。

自分の会社のことか?とドキッとする方もいらっしゃるかも知れない。

いえいえ、阪神タイガースのことです。
コメント
コメント
ガッツ!タイガース
昨日の3連発を見て私も同じ思いでした。
まずは保守(捕手)部門だけでも、安定した後継者を育てて欲しいものです。
2009/04/09(木) 20:14:50 | URL | SSK #- [ 編集 ]
41際で現在ぶっちぎりの三冠王。後継者への期待は大きく大変ですね。
2009/04/09(木) 22:21:11 | URL | よしかわ #wdQ5RBu. [ 編集 ]
SSKさま、よしかわさま

フロントがあまり仕事してないように思いますね。あと、ベテランの調子が落ちたときの監督の決断を注目したいと思います。
2009/04/10(金) 09:00:18 | URL | すぎた #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。