インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
坂本圭一の成功力
坂本氏が上梓された『坂本圭一氏の成功力』を送っていただいた。

本当のことが書いてある。

ビジネスパーソンとして一人前に育てたい部下に読ませると良いだろう。

本当過ぎて、体調の悪いときに読むと落ち込むかも知れない。

自分の子供に手厳しく道を示す骨太の父親の風である。

ターミネーターのリンダ・ハミルトンも息子にこのようなことを言ったかも知れない。

コンサルタントとしては、こういう人と伍していくためにはどうしたらよいかを考えることで、大いなる訓練になる。

でかい人に接する意義は、自分のポジショニングを考えるきっかけになるということだ。

この本を縁あって手にして、何らかの刺激を受けた人に、100倍楽しむ方法をお伝えする。

坂本氏ご本人に会うことだ。

ばっさり斬られる?

全く違う。

普通のおっちゃんである。

どちらかというとお茶目と言って良い。

本物は「普通の人」なのだ。

幻想が作り出した戯画的なヒーロー像ではなく、本物像を持つことは需要だ。

人間は空を飛べないし、手から光線も出ない。

市場は普通の人同士の競争であって、差が出るのは小さな行動と工夫の積み重ねだ。

氏が語る「閾値」は、決して高くはない。

届きそうなんだけど、見ているだけでは届かない。

そういうことをお伝えになっていると、鳩派として解説する。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。