インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WBC
小沢一郎さんが窮地に立っている。

政治資金の出所の問題のようだが、一般国民の関心はそんなことより将来のことである。

経済的な問題は小生含めたビジネスパーソンが頑張らないといけないが、せめてムードづくりだけでも政治家の方に期待したい。

麻生さん小沢さんの報道を見て陰鬱な気分になるのは、それが日本社会の縮図を表しているからだと思う。

将来の大事なことより過去の些末な過ちを話題にする、リーダー失格とダメだししながらも代わりがいない、俺がやると誰も手を挙げない、などなど。

自分自身のダメさ加減を突きつけられているようで心が沈む。

そんな中、期待はWBCの日本代表だ。

日本人のいけてるイメージを持ちたい気分なのだ。

日本は凄いぞ、と思いたいのだ。

この感じ、昔なら戦争に向かっていくのかも知れない。

スッキリ感を求め過ぎるのはいけない。

一気に雲をはらそうと思わずに、じわじわと霧の中を進む忍耐力が必要だ。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。