インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LEITZ
事務所ではコピー用紙の裏紙がかなりのペースで発生する。

事務所でメモ書きするときはせっせと使うのだが、それでもたまる一方である。

外出時にもノートの代わりに裏紙を携帯することを思いつくが、無造作に鞄に入れると、結局ぐちゃぐちゃになって使いたいときに使えない。

スマートな格納方法の確立が必須である。

いろいろなものを試したが、遂に満足基準にかなうツールを発見。

"LEITZ"という舶来文具メーカーのファイルで、"vivanto"と書いてある。

ネットで確認すると、小生が買ったのは「カラークリップ」という商品だ。

クリップをスライドさせて紙を挟む。

普通のノートを持っているより味がある(ような気がする)

"LEITZ"の文具は他もデザインが良い。

梅田の阪急メンズ館の上階のステイショナリーショップで購入。

この店、文具好きにはお奨めです。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。