インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先端病院
朝病院へ行く。

玄関を入るとICカードを端末にかざし、パスワードを入れると自分の画面になる。

忙しい人用に有料の「ファストトラック」コースがある。

500円出せば早く診てくれる。

現役ビジネスマンにありがたいサービス。

症状を入れるとレシートが印刷されて、○○番待合室に誘導される。

待合室は風邪の人と、慢性的な病気の人(主にお年寄り)と分かれている。

院内感染予防だ。

今日は連休明けで風邪気味の人も多いので、内科の臨時の先生もスタンバっている。

診察室に入るときにカードを端末にかざし、出るときもまたかざす。

これでいつ病院に来た人がいつ診察を受けたかが分かるわけだ。

薬は院内処方かそうでないかを選べる。

院内処方だといろいろとポイントが付くが、時間がないときは別な薬局でもらうのも便利だ。

診察料はクレジットカードから引き落とされ、内訳はネットで確認できる。


***

こんな仕組みに早くならないものか。

本日2時間半も費やした。

世の中のサービスレベルから全く遅れていると思う。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。