インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薬局
前回、フォークデュオ「風」の話題をしたが、今度は体に風邪の菌が入ったようだ。

喉がゴソゴソして咳き込む。

家にあったカコナールの錠剤を飲むと楽になる。

薬が切れたので近所の薬局に買いに行く。

空き箱を持って、これと同じのくださいと言うと、扱ってませんとツレない返事。

じゃあ代わりの、と言いかけたが余りにツレなかったので言い出すタイミングを失い、しょんぼりと引き返す。

別の薬局に行く。

やっぱり扱ってませんと。

こちらは申し訳なさそうに対応いただいたので、咳きに効くやつを見つくろっていただく。

カコナールの成分表を見て、近いのを選んでいただく。

エフェドリンがちょっと多いけどこちらで、と。

専門用語が本格派っぽくて信頼感を持ってしまう。

薬局で始めて薬剤師さんの知識を垣間見た。

こういう対応をしていただくと、良い買い物をしたという満足感が残る。

薬もチーズやワインと同じで、情報提供が大切です。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。