インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アレッシ
ペリカンの万年筆が、最近どうも書き味が悪い。

机から落としたせいでペン先が歪んだようだ。

さらさらとなめらかに書けないと思考もなめらかにならない。

手と頭は連動しているのだ。

しばらく修理に出さないと行けないと思い、代わりのペンを探索。

高価な万年筆とはいかないので、本日東急ハンズでアレッシのジェルインクのボールペンを購入。

この前、茶屋町「ヌー」のアレッシの店で長く品定めしていたので、ブランドとして刷り込まれていた。

このペンを発見したのは会社近所の安売り文房具店。

安売り店なのに、レジ前にディスプレイされていて目にとまった。

その場で購入と思ったが、汚れた展示現物しかないようなので断念。

特に潔癖性ということではないが、かなり汚れていたので。

で、本日東急ハンズでガラスショーケースの中にキレイに収まっていたので即購入。

ペンは、見た目および手に取ったときに、頭の回転軸に摩擦抵抗が生じないイメージが大切。

くるくる回るペン先のように、頭も回ることを期待する。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。