インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウズベキ戦引き分け
サッカー日本代表の試合はもどかしい。

おじさん精神としては、ラモスとカズのときが良かった、と懐古趣味に陥ってしまう。

カズなら絶対決めてるぜ、とか。

若者からすれば、僕らが子供の時「釜本はすごかった」と言われているのと一緒だと理解しつつも、そう信じる自分がいる。

解説でセルジオさんがいろいろ言っていること、選手達は百も承知なんだろうなあ、きっと。

それでもなんか、ああなっちゃうんだろうなあ。

サッカーは日本人に向かへんのやないかと、かなり前に元吉本興業の木村政雄氏も講演で言っていた。

サッカーはもっと俺が俺が、というヤツじゃないと点取れないんじゃないかと。

この意見、今なら同調する。

絶対にトヨタ社員にはなれなさそうな人間じゃないとダメかも。

本日、単なるぼやきネタでした。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。