インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
残留農薬
焼酎や日本酒が農薬入り古米でつくられていたりして、相変わらず「食の安全」が話題だ。

古米を倉庫で寝かせて、農薬を揮発させて基準値を下回ってから出荷するという知能犯的側面もあるようだ。

ん?でも待てよ。

その工夫って、社会としては良いことなんじゃないか?

悪い米のリサイクルと言えなくもない。

新聞の有識者コメントも、残留農薬が蒸発することもあり得るとおっしゃっているし。

さらに、残留農薬があったとしても、酒になった時点で人体被害としてはどんな問題があるのだろう。

その最終製品の悪さを問題にしないと、単なるルール破りを断罪しているだけで、生産的な議論とは言えない。

気持ちが悪いという話と、体に悪いという話を峻別しないと。

法律違反はいけないが、そのこと一点だけで攻撃するのは魔女狩りだ。

なんとなく社会全体が偽善者モードになっていることが気にかかる。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。