インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『新規事業がうまくいかない理由』
株式会社フロイデ社長の松澤さんより、『新規事業がうまくいかない理由』(東洋経済新報社)という本をいただく。

同社会長の坂本桂一さんが書かれた本である。

坂本さんはいくつかの社内ベンチャーを実際に立ち上げ、株式公開まで持って行った人である。

もちろんこのような方は探せば何人もいらっしゃるが、その方法論を説明できるかと言えば、そうではない。

単なる経験か自慢話に終わる。

スピリットは感じられるが、実務的な参考にならない。

この本は全く違う。

坂本さんは実務経験をコンセプチュアルに記述できる希有な方なのだ。

新規事業はアイデア勝負と思われがちだが、坂本さんの本を読むと、はるかに実行段階が重要だ。

人選とマネジメント、そして次々と立ち現れる障害を克服するアイデアである。

小生は、新規事業プラニングを通した人財教育を手がけている。

教育の効果とは、将来の成果獲得の可能性を高めることである。

今さらながら、真剣勝負こそが成果につながり、将来の可能性も豊かにすることであることに気づかせてくれる。

ビジネスのフィールドはジャングルであり、秘境である。

だからこそ、新たな道をつくるのが楽しいのだ。

冒険の指南書として、本書を強く推薦します。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。